さくら水産は見た目より価格重視

さくら水産は他の大手居酒屋チェーンと比べると、やや中年男性をターゲットにしているという印象があります。店のつくりも、和風で落ち着いた雰囲気ですし、料理も男性向けが多い印象です。さくら水産を利用して、記憶に残るのは珍しいメニューでしょう。

友人と一緒にさくら水産に行くと、いつも、友人の頼むメニューに驚かされます。例えば、友人が魚肉ソーセージを注文したことがありました。ソーセージを輪切りにしただけの簡素な料理でしたが、値段が安かったので、友人は満足していました。見てくれにこだわらず、価格重視なところがさくら水産の特長といえるのかもしれません。男性が仲間内だけで気軽に飲んで楽しむには、さくら水産は最高のお店だと思います。

ひさしぶりに「さくら水産」を発見。

最近あんまり魚食べてないな~と思っていたとき出かけた先でふと、さくら水産をみつけて懐かしくなりました。

学生のころ、大学の近くにあった「さくら水産」さん。学生と言えばお金がない。バイトをしてもたかが知れている。

なのに、サークルが飲み会の多いところだったのでお店探しに困ったら、かなりの頻度で、さくら水産に

行っていた記憶があります。

水産、というだけあって海鮮系のごはんが値段の割に美味しいのですよね。だからよく使ってしまっていたのです。久しぶりに見つけたのでHPでメニュー見てみたら、安っ!こんなに安かったのか、と改めてびっくりしました。

縞ほっけ、良く食べたなぁ。お刺身が乗ってるサラダも。ひさしぶりに食べに行こうかな。

先月、「さくら水産・飯田橋店」に2日連続で行きました

先月、都心の花見旅行を1泊でしました。宿は九段下のパレスホテル。格安の素泊まりプランだったので、同行の友人と「夜は飯田橋の居酒屋で」と決めていました。

二人とも土地勘はまったくありませんが、飯田橋といえばサラリーマンと学生の街というイメージだけはありました。なので、きっと安くておいしい居酒屋は、いくらもあるだろうと思ったのです。

そして、目にした看板が「さくら水産」。私も友人も知らない店名でしたが、安いしおいしそうだったので、入ってみることにしました。

これが大正解。安さは表のメニューでわかっていましたが、その店名の通り魚中心のメニューはどれも抜群のグレードです。特に焼き魚が絶品。

また、オリジナルの日本酒がさっぱり、きっぱりした飲み口で、魚料理にジャストマッチ。あまりにおいしかったので、お会計の時に「あのお酒、販売はしていないのですか」と聞くと、若い店長は「申し訳ありません。販売はしていないんです」と、本当に申し訳なさそうに頭を下げてくれました。

その対応に、またまた感激。翌日、11時にホテルをチェックアウトして、「混まないうちに昼食をとっておこう」ということに。

前夜行ったときに、ランチもやっているということを知りましたので、再び「さくら水産・飯田橋店」へ。長い人生で、夜と昼、2日連続で同じ店に行くのははじめて。

このランチががまたすばらしかったです。私も友人もさんま定食を食べましたが、さんまはもちろんおいしかったし、なんと、生卵と焼き海苔が各テーブルに用意されていて、食べ放題。ごはんとみそ汁もおかわり自由というサービスぶり。

味、価格、接客、店長の人柄、すべて「星5つ」の名店でした。機会があればまたぜひ行きたい店です。

さくら水産はとにかく安い

学生の頃にサークルの飲み会でよく、さくら水産を利用していました。大学の近くにあったので便利だったというのもありますが、最大の魅力はメニューの安さ。

お店の主なターゲットはおそらくサラリーマンなのだろうと思いますが、学生にとっても利用しやすいお店でしたが、100円以下のメニューがあるお店は、大手チェーン系の居酒屋だと、さくら水産ぐらいではないかと思います。また、値段以外にも、たい焼きなどの、居酒屋っぽくない変わったメニューが充実しているところも好きでした。

飲み物の種類も充実していて、それでいて安いので、今まで飲んだことの無い種類のお酒に挑戦するには最高の環境で、今では学生の頃ほど、頻繁には利用しなくなりましたが、友人と軽く飲みたいときなどには今でも利用しています。

居酒屋のさくら水産はお昼に食事に最適

人の楽しみはいろいろありますが、その中の一つにお酒を飲むことがあげられます。そして人がお酒を飲む方法は自分でお酒を買って飲む方法もありますが、お店でお酒を飲むほうが楽しくお酒を飲むことができます。

そしてお酒を飲むためのお店はいろいろとありますが、その中にさくら水産というお店があります。さくら水産は夜に宴会をするためにお酒を飲むお店として利用をすることができるのですが、夜にお酒を飲むためだけでなく昼の時間に昼食を取るために利用をするのにも適していると言えます。

海産物の料理を食べることができるので、健康を維持することができるという魅力があります。